原之内菊子の憂鬱なインタビュー

Posted by on Jan 28, 2017 in お仕事, 最新, 装画 | No Comments

大山淳子さんの小説『原之内菊子の憂鬱なインタビュー 』(小学館)の装画を担当しました。

シリーズ化されたら嬉しい、楽しいエンターテイメント小説でした。今回のイラストは、先日の個展と同じ手法(青インク)で描かせて頂いています。
ーーーー

〈 書籍の内容 〉
笑いあり涙あり、「猫弁」著者の新たな傑作
弁当屋の看板娘、おたふく顔の原之内菊子には特殊な能力がある。その顔を見た者は皆、”自分語り”が止まらなくなってしまうのだ。
弱小編プロ「三巴企画」の戸部社長は、菊子の力に惚れ込み、インタビュアーとして採用する。ただ頷いているだけで次々に特ダネを取ってくる菊子だが、ヤクザの組長の取材をしたことから、とんでもない事件に巻き込まれてしまい――!?
大ヒット作『のぼうの城』『超高速!参勤交代』などを生んだ城戸賞でデビューし、累計40万部を超える『猫弁』シリーズで熱烈なファンをもつ大山淳子の新たなる傑作。
笑って、ほっこり癒されて、最後はホロッと涙が出る。前代未聞の”おしゃべり小説”!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
コテコテ関西人の戸部社長、東大卒で文学オタクの桐谷くんという「三巴企画」の仲間のほか、個性的で愛すべきサブキャラクター達のやりとりが最高に楽しい! 『にんじん』『ライ麦畑でつかまえて』『赤毛のアン』など、名作があちこちに登場するのも本好きにはたまらない魅力です。

haranouchi_cover_obi haranouchi_cover_noobi

原之内菊子の憂鬱なインタビューカラースキャン 菊子のみ200 原之内菊子の憂鬱なインタビューカラースキャン表1150 原之内菊子の憂鬱なインタビューカラースキャン表4150